黄昏ほろ酔いの黄昏女

たそがれ時の女が二人、夕方5時から飲み会。
よく笑った。小龍包など食べながら、早い時間の得割りメニューですごく安くあげた。
お開きは7時。

家に帰ってもまだ早い。時間があるから翌日には響かない。もちろん、飲む量も控えめ。こんな時間を過ごすのもたまにはいい。いろんな友達がいるというのは、いろんな考え方を聞けるということ。影響をうけるといしても偏らなくていい。

何にしても、飲めるのは幸せ。オバサンというより行動はオジサンの二人だけれど。
[PR]
by hatibee8 | 2011-07-22 21:18 | 友だち