海が怖い

身体の不調は、不規則な生活と運動不足が原因かも、と思って今朝は散歩をした。

久しぶりの海岸。毎年、ハマヒルガオの写真を撮っているのに、すでに時期は過ぎていた。どうしてしまったのだろう、私。そんなに海を見ていなかったのだ。

小さな漁船が数艘、手が届きそうな岸近くで動力の音を響かせていた。貝採りの船だ。梅雨時のはっきりしない空。おだやかな海面を見ていたら、急に怖くなった。東北地方で真っ黒な津波となった同じ海なのだ。自然は恐ろしい。神仏など信じていないけれど、時々「神さま!」と口に出るのは、自然の持つ力への畏怖、畏敬から出てくる「神」なのかもしれない。

20分ほど歩いて、漁港に出ると突堤の先で数人の釣り人。平和な光景だけれど。
そこで引返してきた。

もし大きな地震が起こって、津波が来るとなったら、どこに避難するか。海辺の小学校はやめて、高台にある市の体育館にしよう。

そんなことを考えながら戻ってきた。

相変わらず、腰は重いし、肩は痛い。でも歩いたら少しほぐれたような。続けなければ。
[PR]
by hatibee8 | 2011-06-12 11:41 | 時のしっぽ