のりそだ

夕方、海に行って驚いた。景色が変わっている。
c0214577_21111694.jpg

一面の、のりそだ。
ここの海は、毎年、8月の終わりから9月の初めにかけてのりそだを打つ。3月までこのまま。
そっかぁ、9月なのだ。
c0214577_2113248.jpg

これが並ぶと、ここの海は秋なのだ。

家のゴーヤカーテンを外した。片付けはなかなかに面倒。三分の一ほど片付けて、あまりに蚊が多いのでたまらず避難。残りは、明日の朝、完全防備のスタイルで、蚊取り線香を二つぐらいつけてやりましょ。

今年は蚊が多い。

これは同じ夕方の東の空。
c0214577_21231453.jpg

同じ時刻で同じ空なのに。
[PR]
# by hatibee8 | 2013-09-10 21:27 | 日常生活

秋の扉

c0214577_23544428.jpg


母の遺影写真を、仏壇の上のなげしにあげた。父の遺影の隣に並べて。
もうじき母の三回忌だから。

夫の遺影を横にずらし・・・

三人の傾斜が、なかなか合わずに苦労。脚立を登ったり降りたり。脚立を登るのは怖い。

作業をしながら考えた。

いずれの日にか、この写真も処分しなくてはならないだろうな、と。

数日前に、父母の遺した写真の数々を、半分ほど処分した。胸が痛んだが、2つの衣装ケースに満杯あったのだ。どこかに行った思い出は、その当事者が見てこそ思い出として価値がある。

この3人の遺影も私や妹がいなくなったら、誰が誰なのか知る人はごくわずかになる。

そういうものだ。時が流れていくというのは。

外は日差しが強くなり、晴れ渡った空を飛行機雲が横切っていった。

(ちょっと、そこの電線、どいてくれないかなぁ)
c0214577_0174069.jpg

[PR]
# by hatibee8 | 2013-09-10 00:18 | 日常生活

オリンピックばっかり

c0214577_19494732.jpg

テレビをつけると、番組変更。オリンピックばかり。
その場面は朝から何度も見たよ、と言いたくなった。

んん・・・・

そりゃ、オリンピックを日本で開催できるのはいいことだと思う。景気も良くなりそうだし。
嬉しいことは嬉しい。
でもねぇ、

でもねぇ、なんですぅ。

わたくし、へそ曲がり。
スポーツなんて楽しむもの。そう必死になるものじゃござんせんよ、と思っているので、ほどほどに気持ちに余裕を持ってやってほしいのですが。

どこの国がメダルをいくつ取ったかなんて、生死にかかわることではないのです。心が元気になるということはあります。でも、いま国を挙げて死にもの狂いになってほしいのは、福島の原発事故の処理。あれはどうあっても怖いのですが。

いけないかな、こんな考え方は。
[PR]
# by hatibee8 | 2013-09-08 19:49 | 時のしっぽ

『二重露光』という映画

名古屋城のお堀の石垣。
c0214577_11232971.jpg

そのうち映画館で上映されるので、今わざわざ見に行かなくてもと思ったが、あいち国際女性映画祭には、第一回目からの縁がある。もう特別に案内も来なくなって、今年は知らずにいるところだったけれど。

しかし、よくわからない映画を見てしまった。いくら妄想でも、無理がある部分が多いと思った。

これを選んだのは、以前に同じ監督・李玉の『観音山』や『苹果』を見ていたのと、字幕の翻訳が大阪大学、古川裕ゼミというのに興味があったから。

でも、主役の范冰冰(ファン・ビンビン)の仕事先が美容整形医院というのは面白かった。

映画はともかく、会場周辺の雰囲気を楽しんできた。

足元の案内板
c0214577_11241885.jpg


市政資料館の裏側
c0214577_11245697.jpg

映画祭の会場「ウィルあいち」は市政資料館の向かい側にある。

ほかの映画は、映画館で見よう。
[PR]
# by hatibee8 | 2013-09-08 11:22 | 映画

[


是一部李玉执导,范冰冰、冯绍峰和霍思燕领衔主演 的中国电影。
[PR]
# by hatibee8 | 2013-09-08 10:47 | 映画