カテゴリ:歩歩歩( 25 )

滝を見ながら、滝の汗

三重県の名張にある赤目四十八滝を歩いてきた。
いつものようにM鉄バスハイキングの企画に参加したのだった。
c0214577_10251930.jpg

たくさんの滝を見ながら渓流に沿って歩く。往復で八キロのコース。約三時間。

しかし、お盆の行楽シーズンとあって、行きはバスが渋滞に巻き込まれた。二時間半ぐらいで着くはずが三時間半かかった。もう、その辺で気分的にぐったりしていたけれど、気を取り直して歩き始めた。

夏休みの最中なので、家族連れ、子供たちが多数いた。
c0214577_10272567.jpg

これは伊賀上野のニンジャ体験かな?子供忍者を多数見かけた。子供って元気だね。いいねぇ。

c0214577_10295024.jpg


木陰はあるものの、気温は相当高かったと思う。
アップダウンのあるコースを、ふうふう、はあはあ・・・・汗みずく。

仲間の2人は、途中お弁当を食べてしばらく歩いてから、熱中症になりそうだと言って引き返していった。
彼女たちは入り口のところの温泉にのんびり浸かってビールでも飲んでいたことだろう。
一番元気のよさそうな隊長さんだった。

ほか三名は、時間を気にしつつ、はあはあ、ふうふう・・・・
滝はいっぱいあったが、自分の汗の滝のほうがすごかったような?
だって、ポトポトしたたり落ちてた。

c0214577_103526.jpg


c0214577_1036629.jpg


でも、歩き通した。折り返して、帰りは急ぎ足。時間的に滝を見ている余裕はなし。
私達も集合場所近くの温泉で、あわてて汗を流し、そっくり着替えをしてバスへ走る。集合時間ぎりぎり。

さて、このグループはいつも名古屋市内に着いてからビールで乾杯をする。
今回は女子ばかり。
居酒屋に入り、カンパーイ!!!

う~ん(*^_^*)
ビールってこんなに美味しかったっけ。



赤目四十八滝は、私たちの年代は、新緑のころか紅葉のころに行った方がよさそう。
新緑のころを想像して、カメラが勝手にダイヤルを回してた?
c0214577_105249.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2013-08-12 10:58 | 歩歩歩

茶臼山ウォーク

c0214577_2255081.jpg

愛知県で一番高い山だそう。茶臼山に登った後は下って、萩太郎山に。
芝桜は残念ながら、今年はイマイチ。鹿やら天候やら色々事情があるようです。

でも、目的はウォークなので別にいいんです。
c0214577_2265022.jpg


美しい景色は自然の中に。
c0214577_227175.jpg

雨の予報だったのに、お天気がよくなって最高でした。

c0214577_2275628.jpg


気持ちのいい汗をかいた後は・・・名古屋市内に戻ってから、みんなでビールで乾杯!
美味しかった!!
[PR]
by hatibee8 | 2013-06-02 22:15 | 歩歩歩

岐阜市内ウォーキング

岐阜は川と山の街。
5月の風が吹き抜けていき、気持ちの良いウォーキングとなりました。

名鉄の岐阜駅前から、柳ケ瀬の商店街を通り、長良川に出て古い街並みを抜けて金華山のふもとまで。

屋形船が浮かぶ長良川
c0214577_16494896.jpg

見上げた岐阜城
c0214577_16503628.jpg

金華山山頂の岐阜城から見た長良川と街。さすが上まではロープウエーに乗りました。
c0214577_1651549.jpg


川原町の古い街並み。落ち着いた景観地区でした。
c0214577_16543654.jpg

ここには老舗旅館の十八楼があります。若いころに泊まった記憶が・・・
c0214577_22295070.jpg




岐阜市のマンホールは鵜とアユ。次回は鵜飼を見るのもいいかも。
c0214577_16573079.jpg


合計二万二千歩越えていました。あっちこっち、コース以外も見て歩いたせい。
一歩を45センチ換算で合計9キロになったのですが、ほとんど街歩きなので楽でした。
[PR]
by hatibee8 | 2013-05-26 17:08 | 歩歩歩

コヒガンサクラで有名な高遠へ行ってきた。長野県。
例によって、バスハイキング。

でも~
桜の花はすでに散った後。桜が満開の時はどんなに美しいだろうと想像しながら歩いた。
幹の線、素敵だと思いません?
c0214577_22545493.jpg


コースは、高遠湖を出発点として、高遠城址公園を散策し、その後街の方へ下りて神社や寺をいくつか巡り、再び城址のほうへ戻った。設定5.5キロという距離だったが、坂と階段があってかなりの運動量だった。鉾持神社というところなど300段。ふうふう、はあはあ言いながら上って下りて、次の寺で上って下りて・・・

バスが待つ駐車場に辿りついたときには、汗汗汗。さくらのソフトクリームが美味しかった!

c0214577_2325397.jpg


c0214577_2334316.jpg

高遠のマンホール。
c0214577_2343612.jpg



この二人に注意せよ!



c0214577_2362850.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2013-04-19 23:10 | 歩歩歩

鎌倉に行ってきた

28日、鎌倉へ行ってきた。新幹線で日帰り。
ガイドさんの案内を聞きながらウォーキング。

朝、家を出るときは雨が降っていたのに、次第にお天気が良くなり、大仏様を見るころはすっかり晴天。
c0214577_16214264.jpg

鎌倉は中学の修学旅行以来。東京に近いせいか、人がいっぱい。

江ノ電にも乗った。
c0214577_1623180.jpg


お昼は建長寺の前のお店で精進料理。これにとろろがついたし、何やら佃煮風のものがあり、ご飯はお代わりしてよいと言うことだった。
c0214577_16242443.jpg


桜、さくら、はらはらと散り始めて風情があった。満開の桜の下には死体が埋まっている・・・
c0214577_16261920.jpg


c0214577_1641521.jpg

行った場所は、北鎌倉の駅で降りて建長寺まで行き、次に鶴岡八幡宮、そして鎌倉駅から長谷駅まで江ノ電。大仏様を見て、また江ノ電で藤沢の駅に。

帰りは名古屋に9時20分着。
ガイドさんの案内はとてもよかったけれど、一日中ぞろぞろ歩くって却って疲れる。
でもまた行きたい。次回は一泊で自分のペースで。
[PR]
by hatibee8 | 2013-03-28 23:32 | 歩歩歩

月ヶ瀬

今日のハイキングは奈良県の月ヶ瀬。渓谷沿いの梅の花を見ながらの散策。

c0214577_021010.jpg

梅の花はまだ五分咲きだった。

土曜日、お天気も良く、人がいっぱい。このハイキングツアーだけでも5台のバスが出た。行きの道路は渋滞。どうなるかと思ったけれど、そう遠くないので予定より30分くらい遅れただけだった。

7キロのハイク。でも例によって最初に長い坂道がコースに設定してあり運動量はあった。汗をかきかき、ウグイスの鳴き声を聞きながら歩いた。

こんなところでお弁当を広げ、梅の香をたのしむ。
c0214577_0291319.jpg


ここは10年ほど前に親戚と一緒に来たところ。夫がいなくなってまだ日が浅く、親族の心遣いが嬉しかったことを覚えている。あのときの記憶をたどり、シイタケを売っている農家を探して買ってきた。

c0214577_036166.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2013-03-16 23:59 | 歩歩歩

郡上八幡の街歩きツアーに参加。
今は高速道路で行くので、名古屋から休憩15分を入れても二時間で着いた。
c0214577_10404221.jpg

このウォークで一番の難所はお城まで。山のてっぺんの城までつづら折りの道を歩く・・・はずが、歩行者用につづら折りを串刺しにしたような道があって、近い道なのでそこを選んだ。汗、汗!!

お城から下ると、あとは街歩きと川沿いの散策路歩き。
c0214577_10492488.jpg

宗祇水。郡上は水の街。
c0214577_10462965.jpg

きれいな石畳。
c0214577_10481531.jpg

おひな様の展示があった。これサッカーするヒナ。
c0214577_10513527.jpg


街の中にもおひな様はあちこちにいらした。もちつきヒナ。
c0214577_10522854.jpg


日陰にはまだ雪が残り、川沿いに出た時のこと。11時ごろであり、お天気も良かったので雪が固くなっているなど思いもよらなかった。この日のツアーは参加者が32人のみ。ほかに歩く団体客も見当たらなく、そのとき私の後ろにも前にも人がいなかった。さっさと歩いていい気になっていた。

で、事件は起きたのである。
雪の部分に足を踏み入れた途端、ツル~ン!!!  ええっ、すべるぅ。

転んだ後もお尻で滑った。あそこで止ったからいいけれど、危うく河原に転落するところだった。

あ~、びっくりした。あ~、痛かった。

でも怪我がなくてよかった!

その後は慎重に歩いたのだった。
c0214577_1105363.jpg


小さな街のこと。そう歩く場所もなく(少し足を延ばせばいくらでもあったが、それにはちょいと時間が足りない)、2時には全員がそれぞれお昼ご飯をゆっくり食べ終わり、予定のコースを歩き終わり、バスの中へ。

このツアー、全員が集まった時点で予定より早くても帰ってくる。数台バスが出たときは、一台ごと満車になればゴーなのである。決められている集合時間は3時なのだけれど。

二人分の席を独り占めして、往復のバスで文庫本を一冊読み終えた。
こんな日もいいものだ。
[PR]
by hatibee8 | 2013-03-06 11:12 | 歩歩歩

初ウォーク

突然誘われて、名鉄電車沿線ハイキングに参加しました。

参加費は要らない、事前の申し込みも要らない。電車に乗ればいい、という気軽なもの。降りた駅で渡された地図を片手にテクテク、てくてく、ひたすら歩く・・・

今日は阿久比の駅から、つくり酒屋や神社、新美南吉資料館を通り、知多半田の駅まで、7キロのコース。氷が張った寒い寒い日だったのに、歩いているうちに汗ばんできました。

c0214577_20433477.jpg

つくり酒屋では試飲ができたのですが、すごい人が並んでいて、並んでいるうちに風邪ひきそうだったのでパスしました。・・・飲めなかったのが残念!
c0214577_2044791.jpg


阿久比町、半田市は新美南吉の童話の舞台となったところです。
c0214577_2047919.jpg

権現山
c0214577_20485866.jpg


途中の民家で見かけた古井戸。現役です。
c0214577_20493491.jpg


きょうは新美南吉資料館の入場は無料でした。そこでは、ふるまいの鍋もあり、神楽や餅なげもあるようでした。時間的に合わず、そこもパスしました。資料館は以前に数度参観していますし。
c0214577_205929.jpg

c0214577_2104315.jpg


どんどん歩き、レトロな街並みを抜けて現代的なマンションの立つ所へ出たらゴールでした。
記念にキツネの形をしたクッキーを戴きました。
蟻の列のような人、人。中高年がほとんどです。みなさん、健康に気をつかっていらっしょるようで(私もその一人)。

お昼ご飯は・・・妹の連れ合いにご馳走になりました。中華のランチ(^。^)♪
c0214577_210426.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2013-01-05 21:13 | 歩歩歩

昼神温泉ウォーク

昼神温泉へ行って、その辺りを散策したのちに、ゆっくり温泉に浸かる、という年の終わりのウォークでした。
恵那山トンネルをくぐってすぐの山間いの温泉地です。

ここを訪れるのは3度目ですが、以前に一緒に来た人はもうこの世にいなくて、その思い出もかみしめて歩きました。

c0214577_23341634.jpg

現地は雪がチラつく天候。
c0214577_23343972.jpg


おやきの店。迷わず入りました。
c0214577_23353988.jpg

炭火で焼いてくれました。おいしかったです!
c0214577_23362854.jpg


晴れました。吹き出す汗。
c0214577_23371265.jpg

あちこちにこんなものが。
c0214577_23384714.jpg

神様をお守りするものだそうです。夜には中に灯りがつくと聞きました。見てみたい。
冬限定だとか。


マンホール
c0214577_01513.jpg


6.5キロぐらい歩いただけなので少しもの足りなかったですが、余った時間に美味しい蕎麦を食べ、その後に温泉にゆったり浸かりました。
ここの温泉、とっても気持ちいいです。

名古屋から高速道を通って二時間。出発が朝の早いウォークなので、名古屋駅に戻ったのはまだ3時でした。街はクリスマス一色。百貨店の地下では高級ケーキのお店に行列ができていました。
[PR]
by hatibee8 | 2012-12-24 23:57 | 歩歩歩

小原村に

名鉄バスハイキングというウォーキングに参加。三河の小原村まで。
朝、家を出るときは、雨がしっかり降っていたけれど、九時半に現地に着いたときはやんでいた。お蔭で雨具を使うことはなかった。

ここは、今は四季桜と紅葉の両方が見られる。四季桜の方は満開までには少し早かったかもしれない。

一番上が四季桜で次がモミジ、下の丸いのがドウダンツツジ。
c0214577_13525981.jpg


四季桜は春咲く桜よりずっとやさしい感じがした。ぼうっと煙る感じ。
c0214577_13555189.jpg


他の紅葉も美しく、いい汗をかいて、よいウォークだった。
c0214577_13593138.jpg


小原村は和紙で有名。手前にあるのは和紙の原料のミツマタの木。
c0214577_13574393.jpg


c0214577_1403134.jpg


8キロのウォークだったけれど、アップダウンがあり運動量はかなりだった。小原村は豊田市にある。近くなので、歩き終わって名古屋市内に着いたのはまだ3時。今回は飲める人ばかりのグループだった。それからプチ忘年会をした。

一組だけ夫婦で、あとの5人はすべてシングルの女性。40代が一人いて、ほかは60代。個人的なことは誰も詮索しない。面白い仲間たちである。5時前には解散して家路に。
c0214577_14133532.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2012-11-24 14:12 | 歩歩歩