カテゴリ:南開大学研修ツアー( 18 )

天津研修ツアーその後

主催者の孔子学院から封書が届いた。
内容は先日の研修ツアー事前説明不足の「お詫び」だった。

丁寧なこと。アンケートに不満を書き入れた人が多かったのだろう。

事前説明会の時、エレベーターの有無の質問があった。あると言ったのは、主催者ではなくて、毎回参加の話好きの男性だったように思う。彼は、なぜだか前回のときも皆の前で長々としゃべった。今年はいつもの宿舎である愛大会館には(改修中のため)宿泊しないのに、去年のことを得意そうに述べていた。

あのとき、私たちが宿泊する「誼園」にはエレベーターはないかもしれないと、私は知っていた。公費留学生の宿舎の1号楼は、5年前に行ったことがある。そこにはなかった。4号楼はどうか知らなかったが、あのとき「ない可能性があります」と発言してあげればよかったかしら。ちょっと後悔。

でも、はっきりとしたことではなかったし。

参加者は年配の人が多い。エレベーターの有無は重要なこと。中国の建物は6階建てぐらいではエレベーターはないことのほうが多い。主催する側も国の事情を勉強しなくてはならないから大変だ。

しかし、ホテルに泊まるのとは異なって、より中国が実感できたという面ではよかったかも。海外旅行と言うのは、どこに行ってもハプニングはつきものだ。中国はそれが多いような気もする。ハプニングも体験だと考えればよいものだ。それにどう対処するかを考えるのが、旅行(今回はふつうの旅行ではないけれど)の醍醐味のように思う。私は、いろんな面でかなり楽しめた。
[PR]
by hatibee8 | 2010-09-17 23:16 | 南開大学研修ツアー

帰国

9月5日、日曜日。
朝9時半、宿舎出発。帰りは、工事が早く進んだためバスが宿舎の前まで入れました。

さてはて、短い夏の休暇が終わりました。午後一時の飛行機で帰国です(定刻より20分ほど遅れて離陸)

天津の気温は、最低気温が20度ぐらい、最高気温は28度から高くても31度ぐらいでした。聞けばこの間、名古屋は大変な暑さだったようです。結果的に避暑をしていたような。

日本時間、午後5時ちょっと前。灼熱のセントレアに到着。
セントレアで妹夫妻とお隣の家にお土産を購入。日本人は中国産を喜ばないところがあるので、いつもそうしています。

中国語、街で使えたのが嬉しい。この勢いのまま能力がアップしていくといいのですが。


混沌として、めちゃくちゃで、おもしろい研修旅行でした。



c0214577_1258668.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2010-09-05 21:08 | 南開大学研修ツアー

カオスな「おでん」

中国でおでん!
これもまた、意外なようで意外ではなくなっていることです。買いましたとも。ダイコン、はんぺん・・・

ぶらぶらと街を歩いていて見つけたセブンイレブン。そこで見つけたおでん。新しく出来た通りの一角でした。お水が安いということは、他のものもそれなりの価格にちがいありません。店内は賑わっていました。日本と同じ店舗様式ですが、中国料理の量り売りもしていて、それを買った人たちが、外のテーブルで食べているのが目に付きました。外は歩行者天国のようになっていて、その通りの両側にずっとテーブルと椅子があります。

天津では、スタバに吉野家、ユニクロなども目に付き、ケンタッキーやマクドナルドのお店があちこちにありました。回転寿司の店やおしゃれなパン屋、韓国料理の店などもあり、伝統的なものと、外国からやってきたものが交じり合い、友人が今の中国は「混沌(カオス)」だと言っていましたが、その通りだと思います。

天津の交通事情・・・めちゃくちゃと言った方がいいくらい混沌とした道路状況。車もバイクも自転車、歩行者もスクランブルのようにあふれかえる交差点。怖くて一人では渡れない外国人と違って、現地の人たちは堂々と怖いもの知らずで、それだから無事に渡りきってしまう。それと同じです。

そのようなことを思って、その日の夕食におでんを食べました。味は日本で食べるものと変わりませんでした。そのほかに包子とくだもの、青島黒ビール・・・。
天津最後の夜の食事は、やはり混沌でした。
c0214577_12592544.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2010-09-04 23:43 | 南開大学研修ツアー

古文化街。
明清時代の建物を模して作ったみやげ物店通り。
ここも何度か来ています。中国らしいお土産を買うなら、ここがいいようです。

来るたびにお店が増えています。しかし、増えるに連れてつまらなくなっているような気がします。
けっこうな早足で通り過ぎて出てきました。
c0214577_2185844.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2010-09-04 23:31 | 南開大学研修ツアー

紙くずと庶民の餐厅

静園を出たあと、歩いて古文化街に行くことにしました。
途中、どこかでお昼ご飯を、と思っていたら、「小米粥」と「豆腐脳」という文字が目に飛び込んできました。「小米粥」は薬屋さんのオススメ。お腹にいいそうです。そして「豆腐脳」は、日本で暮らしている中国人の友人L君夫妻のオススメ。

しかし、その店に入って注文したら両方とも朝ごはんのときしかないとのこと。それで他のものを注文。豆腐料理とスープ、やきそば。どれもおいしかったです。

それにしても、テーブルの下は紙くずだらけ。朝からそうじしてないのかもしれません。道路の向こうは眼科の病院があります。あそこに順番を取りに来た人たちが、ここで朝ごはんを食べて、紙ナプキンを使ったのがそのまま放置されている・・・という印象でした。

あそこまで紙くずが散らかっていても、家族連れの客が何組かふつうに食事を楽しんでいましたし、店員さんも掃除しようとする気配もありません。

衛生に関する観念が欠落?
これも文化の違いと言ってしまえばそうなのでしょうが。


c0214577_2195811.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2010-09-04 22:57 | 南開大学研修ツアー

静園

c0214577_2222313.jpg
清朝最後の皇帝、溥儀が天津で暮らした時期がありました。初めは「張園」というところにいて、次に「静園」に。天津では合計6年暮らしたそうです。静園にいる間に、第二夫人の文绣は出て行き、離婚しました。なんと慰謝料をもらって。


静園は鞍山小学校の対面にあります。行くのは3度目で、場所をやっと覚えました。
一度目に来たのは5年前。そのときは一般の人の住居でした。オリンピック前に改修したのでしょう。去年訪れたときは、きれいに改修されていました。

改修前を知っている私は、あまりの変わりように、なんだか・・・

観光のために、その当時の部屋を再現したようです。しかし広大な紫禁城にいた人が、このような、こじんまりしたお屋敷にどのように感じてお住まいだったのか。当時の雰囲気を想像するには充分かも。

入園料は20元。ちょっと高めです。
c0214577_2513451.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2010-09-04 18:43 | 南開大学研修ツアー

郵便局と薬屋に

9月4日、日曜日。
半数近くの人が、オプショナルツアーで北京に出かけていきました。私は去年行ったところが多かったので不参加。天津の街をぶらつくことにしました。

その前に、ハガキを出しに八里台の郵便局に。自分宛のハガキ。いつ着くかな?
c0214577_16252364.jpg

(郵便と貯蓄が分かれていました)

そして、お腹の薬を買いに八里台の薬屋さんに。日本から持っていった正露丸が無くなってしまったのと、あまり効かなかったから。この薬屋は3回目。5年前は風邪薬。去年はヘルペスの薬でした。どれもよく効きました。

ここは薬剤師のような人がいて、症状を言えば出してくれます。あれこれ選ぶ雰囲気ではないような。出された薬は中医薬(漢方)。今は、錠剤になっていて包装も衛生的。値段は二種類で15元。安い。

二種類とも消炎作用のある薬でした。それを飲んだせいか、この日からお腹がラクになりました。

ここでも「どこの国の人?」と訊かれたのでした。そして、ついて来てくれたクラスメイトに「60歳くらいでしょう?」などと訊いてきました。ほぼ当たっています。いきなり年齢を訊ねるのも中国ならではです。

c0214577_2355444.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2010-09-04 16:11 | 南開大学研修ツアー

終了式と宴会

すべての授業が済んだ9月3日、午後は終了式がありました。
一人ひとりに、証書を手渡ししてくれました。皆さん、授与される瞬間の記念写真を撮るのに執心していました。成績は、皆同じ点数です。


夕方6時からは宴会。会場は誼園の食堂です。去年はビールもある程度までは無料だったのに、今年は有料でした。
各テーブルの上には、特大のコカコーラとスプライトのペットボトルがドーンと置かれ、それは無料です。あのように大きな容器のコカコーラ、日本にあったかしら?

天津では、ペットボトルのお茶にはほとんどお砂糖が入っています。タクシーの運転手さんを見ると、自前のお茶の方もいれば、あの特大のコーラ、スプライトを横に置いている方もいました。甘い飲み物が一般的のようです。身体に悪くはないでしょうかねぇ。

私は、お腹の調子が悪いのにもかかわらず、宴会のお料理をパクパク食べました。ビールもちょっと飲んでしまい、これではなかなかよくならないわけです。でも老師と握手もできたし、我很満意。



c0214577_1315756.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2010-09-03 23:25 | 南開大学研修ツアー

授業の最後に

3日、金曜日。
あっけなく最終日が来ました。

授業の最後に、何でもいいから中国語で表現しなさいと。

何でもいいと聞いて、私は体調不良で深いことはあまり考えられないので、そのまま体調不良のことを発表しました。下痢なんて、かっこよくはないです。でも、変人の私らしい。

以下その中国語です。

我到了天津以后每天生活过得很顺利。可是,第四天的早晨突然拉肚子了。那天我去了洗手间好几次。吃药了,不过怎么也治不好。

那天的前一天,晚饭的时候我吃多了。吃了很多蔬菜、血豆腐、分丝、牛肉等等。啤酒也喝多了。肚子不好的原因是不是那天的晚饭,我不知道。

我现在还没好,和洗手间成了好朋友。我好可怜!

对了,我一个朋友每天跟我一起吃饭,但是他一点儿问题也没有。为什么?

哎,老天爷救救我吧!




(これも現役の車。感心したのでパチリ)
c0214577_23203146.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2010-09-03 19:54 | 南開大学研修ツアー

学生さんと交流会

2日、木曜日。
授業は、午前中の4限だけで終わり、午後は南開大学の学生さんとの交流会がありました。

交流会というより、私たちに中国語を話す機会を与えてくれたと言ったほうがいいかも。
学生さん一人を4人ぐらいの日本人が囲んで、会話の練習なのですから。

私たちの相手をしてくださった学生さんは、中国語専攻の大学院生でした。可愛らしく聡明なお嬢さん。話し方も積極的でした。山西省出身で、家からの仕送りは少なく、ほとんどアルバイトで学費と生活費を賄っているそうです。留学生に日本語を教えるバイトだけだそう。化粧っけは全くなく、堅実な感じがしました。
私は戸籍のことを少し訊いてみました。一般的な回答でしたが。

このような学生さんと接すると、日本の学生さんとつい比べてしまいます。日本の将来は危ないな・・・なんて。
c0214577_1113259.jpg

[PR]
by hatibee8 | 2010-09-02 19:15 | 南開大学研修ツアー